tasker_icon

日本語版 Tasker ユーザーガイド : Event A-Z

~ イベントコンテキスト 索引 ~

イベントコンテキストをアルファベット順に並べてあります。

オリジナルのユーザーガイドには無いパラメーターの説明と各コンテキストがどのカテゴリーに分類されているかもあわせて載せてあります。

A

Alarm Clock(アラームが鳴るとき)

Androidのアラームの設定のうちLabelパラメータで指定されたものが鳴り始めるときにコンテキストは成立します。

Stopパラメーターを有効にするとどのような形であれシステムがアラームに応答するのを阻害します。この機能が将来的に何らかの問題を引き起こすかどうかは不明です。

システムが提供する以外のアラーム機能を使っている場合、この機能を提供するプログラム独自のイベントが発生します。

【カテゴリー】

Date/Time

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低
Stop Event
チェックをするとイベントの通知は次のプロセスに渡されません。
Label
アラームの設定時に付けた名前を指定します。

Alarm Done(アラームが停止されたとき)

アラームが停止またはスヌーズされたときにコンテキストは成立します。

システムが提供する以外のアラーム機能を使っている場合、この機能を提供するプログラム独自のイベントが発生します。

【カテゴリー】

Date/Time

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低
Stop Event
チェックをするとイベントの通知は次のプロセスに渡されません。

Asistance Request(メニューを呼び出したとき)

特定のアプリケーションでメニューが呼び出された時にコンテキストは成立します。

標準的なAndroid端末では、画面の下の端からドラッグアップすることで呼び出します。

ROMによってはこの機能をサポートしていません。

【カテゴリー】

UI

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低

B

Battery Changed(バッテリー残量に変化があったとき)

バッテリー残量に変化が有ったときにコンテキストは成立します。

このイベントはかなり頻繁に発生するので注意が必要です。

【カテゴリー】

Power

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低

Battery Full(バッテリーの充電が完了した時)

バッテリーの充電が完了した時にコンテキストは成立します。

【カテゴリー】

Power

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低

Battery Overheating(バッテリーが過熱した時)

バッテリーが過熱した時にコンテキストは成立します。

【カテゴリー】

Power

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低

Button: Camera(端末のシャッターボタンが押されたとき)

端末のシャッターボタン(ハードウェアボタン)が押されたときにコンテキストは成立します。

多くの場合このイベントを捕らえるには優先度を高くしてストップパラメーターを有効にしてカメラアプリの起動を防ぐ必要があります。

【カテゴリー】

Hardware

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低
Stop Event
チェックをするとイベントの通知は次のプロセスに渡されません。

Button: Long Search(検索ボタンが長押しされたとき)

検索ボタン(ヘルプボタン?)が長押しされたときにコンテキストは成立します。

このイベントを活用するにはAndroidが関連するダイアログを表示するときにTaskerのサーチヘルパーがボタン操作の際の挙動を管理するように選択されている必要があります。

【カテゴリー】

Hardware

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低

Button Widget Clicked(ボタンウィジェットがタップされたとき)

ボタン(通常のボタンのほかチェックボックス、トグルボタンなど)がタップされたときにコンテキストは成立します。

Labelパラメーターを指定した場合、タップされたボタンにラベルがあることが必要です。例えば、イメージボタンにはラベルがありません。

※カテゴリーメニューではスペースの関係でしょうか ‘Button Widget’ とだけ書かれています。

【カテゴリー】

UI

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低
Label
ボタンのラベルを指定します。
Button Type
ボタンの種類を指定します。
Any
どれでも
Simple
通常のボタン
Image
イメージボタン
Toggle
トグルボタン
Checkbox
チェックボックス
Other
その他のボタン
Launcher
ランチャーボタン
Click Length

アプリケーションに長押しのみを受け付けるボタンがある場合、Longのみ指定可能です。

Any
どれでも
Short
タップ
Long
長押し
New Button State

このパラメーターが有効なのはトグルボタンとチェックボックスだけです。

Any
どれでも
Off
オフ
On
オン

C

Card Mounted(メモリーカードがマウントされたとき)

挿入されたカードがシステムに認識され使用可能になったときにコンテキストは成立します。

カードのタイトルを指定することで個別にカードを認識してイベントコンテキストを設定することができます。

カードにタイトルを付けるにはカードのルートディレクトリに.ttlの拡張子をもつファイルを作成します。このファイルのファイル名がカードのタイトルになります。

Frequencyパラメーターで1よりも大きい数字を指定すると、最後にシステムが再起動された時から数えて指定された数字の倍数回ごとのマウント時にイベントコンテキストが成立します。例えばFrequencyパラメーターを3に設定すると3,6,9,・・・回目のマウント時にコンテキストは成立します。

【カテゴリー】

Hardware

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低
Card Title
カードのタイトルを指定します。
Frequency
1以上の整数を指定します。

Card Removed(メモリーカードが抜かれたとき)

メモリーカードが物理的に取り外されたときにコンテキストは成立します。

【カテゴリー】

Hardware

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低

Card Unmounted(メモリーカードがアンマウントされたとき)

メモリーカードがシステムに認識されなくなるか物理的に取り外されたときにコンテキストは成立します。

【カテゴリー】

Hardware

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低

D

Date Set(日付が設定されたとき)

日付の設定が変更されたときにコンテキストは成立します。

(何故かは分かりませんがAndroidでは日付を変更すると時間も再設定されたことになります。

【カテゴリー】

Date/Time

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低
Stop Event
チェックをするとイベントの通知は次のプロセスに渡されません。

Device Boot(デバイスを起動したとき)

携帯端末の起動プロセスが完了したときにコンテキストは成立します。(電源が切れた状態から起動させた場合であって、スクリーンオフの状態からの復帰ではありません。)

起動直後のOSは多くの処理を行っているためこのイベントに関連付けられたタスクは5秒間ほど間をおいてから実行することが推奨されています。また、このイベントが通知された時点ではメモリーカードがマウント済みである保障はありませんので、タスクが実行されるときにメモリーカードがマウントされている必要がある場合もやはり少し間をおいてからタスクを実行する必要がある点に注意してください。

【カテゴリー】

System

【パラメーター】

なし。

Device Shutdown(デバイスをシャットダウンしたとき)

携帯端末がシャットダウンされる直前にコンテキストは成立します。(端末の電源を切る場合であって、スタンバイ状態に入るときではありません。)

【注意】このイベントが発生するのはまさにデバイスがシャットダウンされようとする直前であるため、ダイアログの表示など一定の時間がかかる処理はできません。このイベントに関連付けるタスクはファイルのバックアップなど内部的な処理に限られます。

【カテゴリー】

System

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低
Stop Event
チェックをするとイベントの通知は次のプロセスに渡されません。

Device Storage Low(デバイスのメモリーが不足した時)

デバイスの内部メモリーが不足した時にコンテキストは成立します。

【カテゴリー】

System

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低
Stop Event
チェックをするとイベントの通知は次のプロセスに渡されません。

Display Off(ディスプレイがオフになったとき)

ディスプレイがオフになった時にコンテキストは成立します。

【カテゴリー】

Display

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低

Display On(ディスプレイがオンになったとき)

ディスプレイがオフの状態から復帰したときにコンテキストは成立します。

ただし、このイベントは、アラームがなるときなどにもディスプレイが点灯して発生しますので、意図的にディスプレイの電源を入れたときに限りたい場合は次のDisplay Undockedイベントを利用してください。

【カテゴリー】

Display

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低

Display Unlocked(ディスプレイのロックが解除されたとき)

解除パターンのあるなしに関わらず、ディスプレイのロックが解除されたときにコンテキストは成立します。

【カテゴリー】

Display

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低

E

F

File Events(ファイル操作に関するイベント各種)

メモリーカードのファイルに対して属性の変更(Attribute Change)、ファイルを閉じる(File Closed)、ファイルの削除(File Deleted)、ファイルの上書き(File Modified)、ファイルの移動(File Moved)、ファイルを開く(File Opened)などの操作が行われたときにコンテキストは成立します。

ファイルを開く→上書き→閉じるのように一連の作業として行われるファイル操作にはそれに応じて一連のイベントが発生します。

これらのイベントが発生するには、TaskerのUIが閉じられるかメモリーカードが挿入されたときに当該のファイルが存在している必要があります。

ファイル関連のイベントに基づいてそのファイルを操作しようとするような場合は注意が必要です。一例としてFile Openedイベントの発生を契機にそのファイルをコピーするようなタスクの場合、タスクの属性にAbort New Taskが設定されていることを確かめてください。さもないとコピーのためにファイルを開くという動作の無限ループに陥ります。

【制約】ファイルが一旦削除されて新たに作成された場合、それ以降のファイルイベントは捕捉されません。

【カテゴリー】

File

【パラメーター】

File Name
対象となるファイルを指定します。

G

Gentle Alarm(Android用アプリ ‘Gentle Alarm’ 独自のイベント)

【情報】

http://m.mobitobi.com/en/android/gentlealarm.php

バージョン 3.1.0以上が必要。

Gesture(ジェスチャーによる操作が行われたとき)

登録された動作パターンで端末が動かされたときにジェスチャーとして認識されます。

Nameパラメーターはこのジェスチャーに付ける名前です。動作パターンの登録を開始するにはシャッターボタン、通話ボタン、メニューボタン、検索(ヘルプ)ボタン、ボリュームボタンのいずれかを押します。動作パターンの最後の地点を登録するにはこれらのボタンを長押しします。

この機能を使う前にユーザーガイドのAccelerometer Gesturesのセクションをお読みください。

【カテゴリー】

Sensor

【パラメーター】

Name
ジェスチャーに付ける名前を指定します。
Pattern
登録されたジェスチャーの動作が6つの数字で表示されます。

H

I

Intent Recieved(インテントを受け取った時)

パラメーターで指定したインテントを受け取った時にコンテキストは成立します。

このイベントは上級ユーザー向けです。

詳細はユーザーガイドのインテントの項をご覧ください。

【カテゴリー】

System

【パラメーター】

Action
Cat
None
Default
Alt
Browsable
Car Dock
Desk Doc
Home
Info
Launcher
Preference
Selected All
Tab
Test
Cat
None
Default
Alt
Browsable
Car Dock
Desk Doc
Home
Info
Launcher
Preference
Selected All
Tab
Test
Scheme
Mime Type
Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低
Stop Event
チェックをするとイベントの通知は次のプロセスに渡されません。

J

K

K9 Email Received(Android用アプリ ‘K9 Email’ 独自のイベント)

K9 Emailがメールを受け取ったときにコンテキストは成立します。

【注記】 K9 Emailのバージョン 2.3以降に対応しています。

Kaloer Clock(Android用アプリ ‘Kaloer Clock’ 独自のイベント)

【情報】

http://www.kaloer.com/kaloer-clock

L

Locale Changed(ロケールが変更された時)

システムのロケールが変更された時にコンテキストは成立します。

【カテゴリー】

System

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低

M

Missed Call(不在着信があったとき)

電話に出られず不在着信となったときにコンテキストは成立します。

このイベントは不在着信があるたびに発生します。着信の通知があるまで何かをしたい場合にはMissed Callステートコンテキストを使うほうが良いでしょう。

【カテゴリー】

Phone

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低
Caller
発信者を指定します。

Monitor Start(TaskerがMonitor Service(モニターサービス)を開始したとき)

Taskerがモニターサービスを開始したときにコンテキストは成立します。

このイベントに基づいてタスクを実行することで他のタスクに先立って実行されることが保証されます。したがって各変数の初期化など他のタスクの実行に先駆けて行いたい操作をするのに都合が良い場所だといえます。

他のタスクの実行開始前に確実にタスクが完了している必要がある場合はプロファイルの属性でTask Priorityを最高に設定しておく必要があります。

【カテゴリー】

Tasker

【パラメーター】

なし。

N

New Package(新しいパッケージが追加されたとき)

新しいパッケージがシステムに追加されたときにコンテキストは成立します。

Nameパラメーターにはパッケージ名を指定します。例えば、 ‘Analog Compass’ などです。

このイベントは古いパッケージが新しいバージョンのものに上書きされた場合は発生しません。

【カテゴリー】

System

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低
Name
パッケージ名を指定します。

New Window(新しいウインドウが表示されたとき)

新しいウインドウが表示されるとコンテキストは成立します。例えば、ポップアップが表示されるなどです。

ウインドウのラベルが指定されている場合表示されたウインドウのラベルが指定されたものに一致した場合のみコンテキストは成立します。

ウインドウによっては、そのウインドウの最初のアイテムがラベルになっている場合があります。例としてはメニュー項目やボタンですらその場合があります。

【カテゴリー】

UI

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低
Label
ウインドウのラベルを指定します。
Window Type
ウインドウのタイプを指定します。
Any
どれでも
Dialog
ダイアログボックス
Full Screen
フルスクリーンウインドウ

Notification(通知が送られたとき)

通知がステータスバーに送られたときにコンテキストは成立します。

Owner Applicationパラメーターが指定されているときは対応するパッケージから送られた通知である必要があります。

Titleパラメーターが指定されている場合、指定されたタイトルの通知が送られた場合にのみコンテキストは成立します。ユーザーガイドのパターンマッチングの項も参照してください。

通知にタイトルがない場合、ティッカーのテキストが代わりに使われます。(通知が初めてステータスバーに表示されるときに表示されます。)

既にステータスバーに表示されている通知が再び送られた場合もこのイベントは発生します。

このイベントはTaskerによって送られた通知は対象となりません。

【カテゴリー】

UI

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低
Owner Application
通知を送ったアプリケーションを指定します。
Title
通知に付けられたタイトルを指定します。

Notification Click(通知がタップされたとき)

ステータスバーのプルダウンウインドウから通知がタップされるとコンテキストは成立します。

Owner Applicationパラメーターが指定されている場合、指定されたアプリケーションからの通知の場合のみコンテキストは成立します。アプリケーションによってはこの機能が働かないものが有る事に注意してください。

Titleパラメータが指定されている場合、そのタイトルの通知がタップされたときにコンテキストは成立します。

Tasker's Accessibility Serviceが有効になっていない場合、Taskerによる通知のみが判定の対象となります。

【カテゴリー】

【パラメーター】

Owner Application
アプリケーションを指定します。ここで指定されたアプリケーションからの通知のみコンテキスト成立の判定対象となります。
Title
コンテキスト成立の対象となる通知のタイトルを指定します。

Notify My Android(Android用アプリ ‘Notify My Android’ 独自のイベント)

【情報】

http://otifymyandroid.com

O

OpenWatch(Android用アプリ ‘Open Watch’ 独自のイベント)

【情報】

http://http://www.smartmadsoft.com/

P

Package Removed(パッケージが削除されたとき)

パッケージがシステムから削除されたときにコンテキストは成立します。 Nameパラメーターは例えば ‘com.example.packagename’ のようなパッケージのクラスを指定します。(実際のパッケージ名は既に削除されているためシステムが知りようがないので・・・)

【カテゴリー】

System

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低
Name
パッケージのクラス名を指定します。

Package Updated(パッケージが更新されたとき)

現存のパッケージが更新されたときにコンテキストは成立します。

Nameパラメーターでは ‘Analog Compass’ のように更新されたパッケージの名前を指定します。

【カテゴリー】

System

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低
Name
パッケージの名前を指定します。

Phone Idle(電話が待機状態になったとき)

通話が終了するなど電話が何もしていない状態になったときにコンテキストは成立します。

【カテゴリー】

Phone

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低

Phone Offhook(電話が使用中になったとき)

ダイヤル中、通話中、保留中など電話が使用状態になったときにコンテキストは成立します。

【カテゴリー】

Phone

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低

Phone Ringing(電話がかかってきたとき)

電話がかかってきたときにコンテキストは成立します。

Callerパラメーターを指定した場合、指定した発信者からの電話のみコンテキストは成立します。(ユーザーガイドのパターンマッチングの項を参照してください。)

発信者の番号が非通知または不明の場合、発信者番号は ‘0’ 、発信者名は ‘?’ となります。

【カテゴリー】

Phone

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低
Caller
発信者を指定します。

Pomodroido(Android用アプリ ‘Pomodroido’ 独自のイベント)

【情報】

http://www.pomodroido.com

Q

R

Radardroid(Android用アプリ ‘Radardroid’ 独自のイベント)

【情報】

http://www.radardroid.com

Received Data SMS(データSMSを受け取ったとき)

データSMSをを受け取ったときにコンテキストは成立します。

データSMSは特定のポートに対して送られてきますが、特に指定がない限りどのポートにSMSが送られてきてもコンテキストは成立します。

データはBase64形式でエンコードされています。タスクからは %evtprm3 変数を介してデータを受け取ることが出来ます。

従って、受け取ったデータはそのままバイナリ―として ‘Write Binary’ アクションでファイルに書き込んだり、 ‘Variable Convert’ アクションで文字列に変換してファイルに保存することが出来ます。

【カテゴリー】

Phone

【パラメーター】

Sender
テキストメッセージの送り主を指定します。
Port
データSMSを受信するポートを指定します。
Data
送られてくるデータを指定します。
Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低

Received Text(テキストメッセージを受け取ったとき)

テキストメッセージを受け取ったときにコンテキストは成立します。

Senderパラメーターを指定した場合、指定された送り主からのメッセージを受け取ったときにコンテキストは成立します。

長押しを繰り返して複数の送り主を指定できます。

ContentパラメーターはSMSの本文またはMMSの件名を指定します。

【カテゴリー】

Phone

【パラメーター】

Type
テキストメッセージの種類を指定します。
Any
どれでも
MMS
Eメール
SMS
ショートメッセージサービス
Sender
テキストメッセージの送り主を指定します。
Content
MMS(Eメール)の場合は件名、SMS(ショートメッセージサービス)の場合は本文を指定します。

Reddit Notify(ソーシャルニュースサービス ‘Reddit’ から通知を受け取ったとき)

Numberパラメーターは未読のEメールまたはカルマの総計を指定します。

Messageパラメーターは全ての新しいメッセージを繋ぎ合わせたものに対して一致します。

S

Screebl(Android用アプリ ‘Screebl’ 独自のイベント)

【情報】

http://keyeslabs.com/joomla/screebl

【警告】このイベントはかなり頻繁に発生するためプロファイルのプロパティーで待ち時間を指定するのが賢明です。

Shake(デバイスが揺すられたとき)

デバイスが物理的に揺すられたときにコンテキストは成立します。

【注意】デバイスによってはAxisパラメーターで指定された方向が正しく反映されない場合があります。

メニューのPreferencesの項のMonitorタブのDisplay Off MonitoringセクションのAccelerometerの項も参照してください。

【カテゴリー】

Sensor

【パラメーター】

Axis
揺すられる方向を指定します。
Left-Right
左右
Up-Down
上下
Backwards-Forwards
前後

Steps Taken(歩数計が指定の歩数に達した時)

歩数計の計測が指定された歩数に達した時にコンテキストは成立します。

プロファイルを無効にするか、Taskerを無効にするか再インストールした場合にカウントはリセットされます。

同じプロファイル内にまだ成立していないコンテキストがある場合、カウントは中断されます。

Android 4.4以上が必要です。また、ハードウェア歩数計がデバイスに搭載されている必要があります。

デバイスがスリープモードの場合でも歩数計は(わずかな電力消費で)動き続けます。この場合、指定した歩数が記録されるとスリープから復帰します。

【注記】 精度を改善するためには、反応時間を数秒程度に設定します。

メニューの ‘Preferences’ 内、 ‘Monitor’ タブの ‘Display Off’ の項にある ‘Step Sensor’ もご覧ください

【カテゴリー】

Sensor

【パラメーター】

Number
計測する歩数を設定します。

SMS Failure(SMSの送信に失敗したとき)

SMS(ショートメッセージサービス)の送信に失敗したときにコンテキストは成立します。(オプションで送り先の指定もできます。)

これはTaskerのSend SMSアクションによって送られたメッセージにのみ有効です。

【カテゴリー】

Phone

【パラメーター】

Recipient
メッセージの送り先(つまりはメッセージを受け取る相手)を指定します。

SMS Success(SMSの送信に成功したとき)

SMS(ショートメッセージサービス)の送信に成功したときにコンテキストは成立します。(オプションで送り先の指定もできます。)

これはTaskerのSend SMSアクションによって送られたメッセージにのみ有効です。

【カテゴリー】

Phone

【パラメーター】

Recipient
メッセージの送り先(つまりはメッセージを受け取る相手)を指定します。

T

Time/Date Set(時間または日付がセットされた時)

時間または日付がセットされた時にコンテキストは成立します。

【カテゴリー】

Date/Time

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低

Timezone Set(タイムゾーンが変更された時)

タイムゾーンが変更された時にコンテキストは成立します。

【カテゴリー】

Date/Time

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低

U

V

Variable Cleared(変数がクリアーされたとき)

ユーザー変数の値がTaskerのVariable Clearアクションによってクリアーされたときにコンテキストは成立します。

このイベントはプロファイルのデバッグに便利です。

【注意】一度に複数の変数がクリアーされた場合や特定の変数が指定されていない場合、このイベントは一度だけ発生します。

【カテゴリー】

Variables

【パラメーター】

Variable
ユーザー変数の変数名を指定します。組み込み変数は指定できません。指定がない場合全てのユーザー変数が対象となります。

Variable Set(変数がセットされたとき)

ユーザー変数の値がTaskerのVariable Set/Inc/Dec/Randomizeアクションによってセットされたときにコンテキストは成立します。

このイベントは一部の動的な組み込み変数の値の変化によっても発生します。詳細はユーザーガイドの変数の項目を参照してください。

【カテゴリー】

Variables

【パラメーター】

Variable
変数名を指定します。指定がない場合は全てのユーザー変数と一部の動的組み込み変数が対象になります。
Value
Valiableパラメーターで指定された変数の値を指定します。このパラメーターで指定された値になったときにコンテキストは成立します。

W

Wallpaper Changed(壁紙が変更された時)

壁紙が変更された時にコンテキストは成立します。

【カテゴリー】

System

【パラメーター】

Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低

Widget Locker(Android用アプリ ‘Widget Locker’ 独自のイベント)

【情報】

http://teslacoilsw.com/widgetlocker

X

Y

Z

Zoom Click(Android用アプリ ‘Zoom’ 独自のイベント)

Zoomの各エレメントのうち指定されたものがタップされるとコンテキストは成立します。

Zoomは独自のウィジェットを製作して機能を持たせることのできるAndroid用アプリケーションです。

【カテゴリー】

UI

【パラメーター】

Widget Name
ウィジェットを指定します。
Element Name
エレメントを指定します。
Priority
優先度を指定します。
Highest
最高
High
高い
Normal
ふつう
Low
低い
Lowest
最低